【悲報】伊東四朗さんの代表作、多すぎて決められない 他