炬燵を警戒していた柴子がとうとう炬燵の中に入って遊ぶことを覚えた 他